清友:不動産業、民事再生手続き(群馬)

毎日新聞 1月21日(金)

帝国データバンク前橋支店は1月20日、不動産業などの「清友」(前橋市)が前橋地裁から民事再生手続きの開始決定を受けたと発表しました。負債は約20億7000万円ということです。

同社は1995年に高木建設(07年9月解散)の不動産事業を引き継ぎ設立されました。倉庫や駐車場の賃貸事業も加え、県内で居酒屋「円座」など4店舗を経営していました。2008年9月期の売上高は約36億3500万円あったのですが、不動産取得のための借入金で経営がひっ迫し、2010年9月期の売上高は約16億5300万円に落ち込んだとのことです。

不動産取得が何を表しているのか不明です。基本的な経営の失敗なのでしょうか?

Sponsored Link
職業・年収に関わらず物件担保評価次第でオーバーローンを受けて不動産投資ができる!「不動産投資におけるノンバンクの活用法」-スルガ銀行からも住信L&Fからも借りられなくても融資を受けて不動産投資をする方法-

コメントを残す