不動産大手5社の4~6月期、3社が最終増益

産経新聞 8月7日(火)

不動産大手5社の今4~6月期連結決算が8月7日、出そろいました。各社とも新規開業の商業施設が収益に寄与し、オフィスビルの入居が堅調に推移しました。最終利益は三井不動産、三菱地所、野村不動産ホールディングスの3社が増益、住友不動産と東急不動産が減益となりました。

東急不動産は前年同期に特別利益があったことの反動で減益になりました。住友不動産は株式評価損を特別損失として計上しました。

売上高は、都市開発事業で前年同期に計上した物件売却収入がなくなった影響などで三菱地所と住友不動産が減収となりました。営業利益はマンションの引き渡し戸数減少が影響した住友不動産を除く4社が増益となりました。

各社、オフィスビルの新規開業が相次ぎ、「6月末時点で空室率が9・43%と過去最高水準」(三菱地所)とするなど、供給過多となる傾向が見られたが、7月以降は、空室率が改善するとの見方から、通期見通しは各社据え置きました。

■不動産大手5社の2012年4~6月期連結決算

********************売上高        最終利益

三井不動産    2799(0・3)    90(40・2)

三菱地所     1969(▲7・5)  118(2・7倍)

住友不動産    1474(▲5・7)  113(▲7・6)

東急不動産    1444(33・5)   79(▲63・6)

野村不動産HD  1133(54・5)   82(2・7倍)

注.単位・億円。カッコ内は前年同期比増減率%、▲はマイナス。

ジョニー上条式 月3万円からできる海外不動産投資  特典付き
ローリスク・ハイブリッド投資法
「本屋では手に入らない」石原博光の不動産投資最新ノウハウ集ダウンロード版 あのカリスマ不動産投資家「恵比寿のIこと石原博光」が一般書籍では語れなかった、過激すぎる不動産投資法を遂に公開!

新築アフターサービスで野村不動産が満足度トップ

住宅新報 2月9日(木)

不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボが実施した「新築分譲マンションのアフターサービス満足度調査」によると、売主別に見た満足度でトップだったのは野村不動産で、2位は住友不動産でした。

野村不動産は前回調査よりも順位を4つ上げ、住友不動産も1つ順位を上げたました。前回トップだった三井不動産レジデンシャルは3位でした。

4位以下の上位企業は、ナイス、オリックス不動産、東京建物、有楽土地、東急不動産の順でした。

この調査は、マンション購入者向けサイト「住まいサーフィン」で、新築マンションを購入し現在入居中で06年以降にアフターサービスを受けた会員を対象にしたものです。期間は2011年12月13~26日でした。有効サンプル数は896件で、20件以上のサンプル数がある不動産会社12社をランキング対象にしたそうです。

榊淳司のマンションレポート023暮らしやすさで人気上昇中江戸川区「船堀・一之江」マンション市場分析【2012年1月】
【繁忙期】満室塾 不動産投資家専門「空室対策」で高利回りになる「繁忙期満室塾」3つのテンプレートで3月31日までにあなたの物件が満室になるオンライン塾
s0319【楽販アフィリオ】三井住友銀行出身の現役不動産鑑定士が教える初心者でもできる!不動産投資プラチナ指値術