若者の生活苦と不動産価格高騰が中国の出生率低下を招く

Record China 10月30日(日)

最低出生率の国はどこも華人居住区です。中国本土(1.22)、シンガポール(1.09)、香港(0.97)、マカオ(0.91)、台湾(0.90)と続いています。カッコ内の数字は特殊合計出生率で1人の女性が一生で産む子供の平均数です。世界の特殊合計出生率は2.5で経済協力開発機構(OECD)加盟国は平均1.7です。人口を維持できる特殊合計出生率である人口置換水準は2.1です。中国の出生率は世界平均よりずっと低く、人口置換水準を下回り、先進国の平均値よりも低くなっています。米国はやや高く2.05、フランスも1.89、東欧、旧ソ連の代表的な国は1.2から1.4の間です。東アジアの隣国の出生率はきわめて低く、韓国は1.22、日本は1.27です。東アジアの出生率が低いというなぞも浮かびます。

原因として、子供の質を重視することや、女性の教育水準や就職率、給与水準が上がり出産のコストが上がったことがあるでしょう。しかし、どれも東アジアでの低出生率のなぞを解き明かすものではありません。米国の研究で不動産が10%値上がると出生率は1%下がるというデータがありました。2005年から中国の不動産は4倍になっていますが、出生率は30%下がっています。

出産・育児は若い世代の重要なイベントです。出生率の低下は、不動産価格の上昇だけではなく、さまざまな要素による複合的な影響によるものかもしれません。中国の若い世代には多くの負担がかかっています。学校に入るのも、仕事を探すのも難しい、仕事が見つかっても結婚はまた難しい、子供を産み育てるには金がかかる、そこに住宅購入とくれば、ほとんど一生分の給与が費やされ、子供を持つのは遅くなり、子供の数も自然と少なくなり、子供を持たないことも理解できます。

その国の若者の生活の大変さを物語っている数値といえるかもしれません。

コワ~い不動産の話 (宝島SUGOI文庫 A た 5-1)
愚直でまっとうな不動産投資の本
知識ゼロでも大丈夫!基礎から応用までを体系的に学べる!不動産投資の学校[入門編]―「お金持ち大家さんになりたい!」と思ったら必ず読む本

コメントを残す