アジアの富裕層に高級品購入ブーム

Record China 8月20日

富が欧米からアジアへと移動するのに伴い、アジアの市場では高級車、高級不動産、美術品、宝飾品、高級酒などのぜいたく品の需要が高まり続けています。

昨今、株式市場の株価暴落や不景気により第二の衰退が心配されますが、アジアではぜいたく品の購入の動きは各地で絶えず繰り広げられています。シンガポールの富裕層では20代の若者にもポルシェやランボルギーニなどの高級車を購入する人がおり、これは若者の可処分所得(自由に使える手取り収入)の増加により消費意欲が高まったことの表れです。

世界の株式市場ではこのほど株価が暴落しましたが、アジアの富裕層はすべての財産を投資につぎ込むことはないため、世界的な金融の動揺に耐えることができると考えられています。

アジアの富裕層にとって、一番の投資先は不動産でしょう。アジアの不動産価格はますます値上がりし、英ポンドは値下がりしているため、ここ数カ月、ロンドンの不動産はアジアの富裕層に最も好まれ選ばれています。

英不動産大手ナイト・フランクのデータによると、今年上半期だけで、アジア人がロンドン中心部で購入した新開発プロジェクトは10億ポンド(約1260億円)に上り、すでに2010年1年分の金額に達しているとのことです。同社のアジア・太平洋地区担当のヴェナー主管は、「人民元、香港ドル、シンガポールドルなど、アジアの貨幣を英ポンドに換えるのは非常に利益がある」と述べとのことです。

この勢いは、続きそうですね。

◇ゼロから億の資産を築き上げる方法◇【海外不動産投資】毎月3万円~でOK!歴史上例外のない不動産価格の上昇!自己破産から5年で10億円稼いだ男の‘世界一簡単であろうお金の増やし方’大公開
Globalのマレーシア・イーブック
100億円不動産王倶楽部

コメントを残す