バンク・オブ・アメリカ、資産の売却めぐりブラックストーンと交渉

ロイター 8月17日(水)

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は、プライベートエクイティ・ポートフォリオを通じて保有している最大10億ドル相当の不動産資産を、ブラックストーン・グループに売却する方向で交渉しているようです。

バンク・オブ・アメリカは、投資銀行の自己勘定トレーディングや投資活動を制限する「ボルカールール」に従うため、プライベートエクイティ投資の売却を進めています。

ブラックストーンへの売却を交渉している資産は、2009年に買収したメリルリンチから受け継いだ資産で、フィナンシャル・タイムズ紙によると、8億―10億ドル相当に上る不動産の債務および資本ポジションが含まれると見積もられています。

バンク・オブ・アメリカ、ブラックストーンとも、コメントを拒否しているそうですが、現時点では当然明らかに出来ないですよね。

ボルカールールは、厳しくなりましたね。

Globalのマレーシア・イーブック
◇ゼロから億の資産を築き上げる方法◇【海外不動産投資】毎月3万円~でOK!歴史上例外のない不動産価格の上昇!自己破産から5年で10億円稼いだ男の‘世界一簡単であろうお金の増やし方’大公開

コメントを残す