韓国の外国人所有地が0.7%増で全土の0.2%に

聯合ニュース 5月30日(月)

韓国の国土海洋部は5月30日までに、1~3月期の外国人所有の土地面積は前年同期比0.7%増の2億2529万平方メートルになったと明らかにしました。外国人の所有地は国土面積の0.2%を占めることになります。

外国人の所有地は1998年6月に行われた不動産市場開放から2001年まで、年平均38.3%ずつ急増しましたが、2002年以降は年平均6.5%と緩やかに伸びていました。2008年の世界的な金融危機以降は3.1%で推移しています。

ことし1~3月期に外国人が新規に取得した土地面積は212万平方メートル、処分した面積は55万平方メートルでした。土地の保有金額は32兆3897億ウォン(約2兆4208億円)で前年同期比2.7%増、保有件数は5万2146件で同3.0%増となっています。

所有者は外国籍の在外韓国人が全体の49.2%と最多を占めているということです。韓国企業と外国企業の合弁会社は36.0%でした。

国籍別では米国人が57.3%で最も多く、欧州(15.0%)、日本(8.7%)などの順だったそうです。

用地別では林野・農地が55.9%と最多で、工場用地33.2%、住居用地5.4%などと続いたようです。

林野・農地は、何のために購入するのでしょうね?

Sponsored Link
◇ゼロから億の資産を築き上げる方法◇【海外不動産投資】毎月3万円~でOK!歴史上例外のない不動産価格の上昇!自己破産から5年で10億円稼いだ男の‘世界一簡単であろうお金の増やし方’大公開

コメントを残す