欧州銀行の不良資産にヘッジファンド群がる

ウォール・ストリート・ジャーナル 5月23日(月)

欧州の数十行に上る金融機関は最近、不良債権などの各種資産や金融危機前に貸し出した債権を処分しようと努力しています。これに多くの著名投資会社が群がっています。 

これら金融機関は英国、アイルランド、ドイツ、オーストリア、ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペインの銀行で、数百億ドルに上る債権を処分しようとしています。処分しようとするのは大規模な米建設事業向けの融資やLBO(買収先の資産を担保にした借入金による買収)、リスクの大きい住宅ローンで構成された証券類などです。

買い手はヘッジファンドやPE投資会社で、銀行が処分に躍起になっていることに乗じて底値で資産を取得しようとしています。

Sponsored Link
3人のセミリタイア大家が伝える「不動産投資 パーフェクトスタートガイド」
間違いだらけ?の投資用不動産選び!  

コメントを残す