キングコング ニュース

2011年4月23日

福島第一原発1号機、事実上の「水棺」処理

Filed under: 未分類 — admin @ 10:59 AM

東京電力は4月22日の記者会見で、福島第一原発1号機の格納容器の下部にある圧力抑制室が、ほぼ水で満たされているとみられることを明らかにしました。

ドライウェルと呼ばれる上部も半分程度、水がたまっているとみられ、燃料が完全に水につかるまで格納容器を水で満たす「水棺」処理が事実上進行していることになります。

2、3号機には格納容器の容量(約7000トン)を上回る1万4000トン、9600トンが注水されているが、圧力抑制室の損傷などで格納容器から流出し、タービン建屋などに流入している可能性が高いということです。

原発の処理は、まだ始まったばかりです。

Sponsored Link
■話題のヨウ素を豊富に含んだスピルリナ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Powered by WordPress