キングコング ニュース

2011年3月26日

原発放水口付近の海水から基準の1250倍のヨウ素131を検出

Filed under: 未分類 — admin @ 12:35 PM

東京電力福島第1原子力発電所の放射能漏れ事故で、経済産業省原子力安全・保安院は3月26日記者会見し、発電所の放水口付近の海水から、法定の濃度限度を1250倍上回るヨウ素131が検出されたことを明らかにしました。保安院は「放射性物質を含んだ水が何らかの形で流れている可能性がある」としています。

保安院によると、海水は3月25日午前8時半ごろ、放水口付近でサンプル採取したということです。500ミリリットル飲むと一般人が1年間で浴びていい放射線限度(1ミリシーベルト)に達するレベルでした。ただ、「周辺では漁業が行われておらず、海水に放出された放射性物質は拡散する。影響は少ない」としています。

本当に大丈夫でしょうか?

福島第1原発では、3月21日にも放水口付近の海水から基準値の126倍のヨウ素131が検出されています。

本当に大丈夫でしょうか?

Sponsored Link
500mlのおいしい水が約42円~お届け!

水の宅配は、アルペン・ピュアウォーター

便利なウォーターサーバーをご自宅まで届けいたします。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Powered by WordPress