キングコング ニュース

2011年1月22日

寒ブリが富山湾などで大豊漁

Filed under: 未分類 — admin @ 11:00 AM

冬の高級魚、日本海産の「寒ブリ」が今年は記録的な豊漁に沸いているそうです。卸値もこの時期としては異例の安さ。ここ数年、庶民の口になかなか入らなかった高根の花が店頭でも人気を集めています。

そうなんです、今年は安いんです。

上質なブリで知られる富山湾の定置網漁は、昨年2010の12月下旬から1匹10キロ前後の漁獲が活発になってきているということ。富山県氷見漁港の1月の水揚げ量は中旬までで計約7万4000匹と、不漁だった昨年の約70倍に急増しているそうです。70倍ですよ!!!
豊漁だった2006年と比べても約3倍で、「寒ブリの季節にこれほど忙しいのは本当に久しぶり」と同漁港の関係者も驚いているそうです。京都府の舞鶴湾や石川県沿岸でも同様に活況が続いています。
昨年末からの大量水揚げについて、日本海区水産研究所(新潟市)は「この海域ではもともと6キロ以上のブリ資源が良好な上、強い寒気が入って北陸沿岸まで魚群が南下してきた」とみているそうです。
なるほど、急に寒くなりましたからね。

東京・築地市場(中央区)でも1月の天然ブリ入荷量は中旬まで、日本海産を中心に昨年のほぼ2倍と好調だそうです。卸値は、1匹6~7キロの中型だと最高級の氷見産でもキロ当たり800円前後で、昨年の半値以下。

70倍取れて値段が半値ならば、漁師さんたちは悪くないですね。

あまり取れすぎて、数が少なくなりませんように。

Sponsored Link
ナンバーズONE

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする

Powered by WordPress